胃腸の調子が悪い人は、呼吸が浅いのかもしれない


結婚してから、
月に1回、夫婦でヨガに行っています。

数ヶ月前から、
月に2回、夫婦でボーカルレッスンに
通い始めました。

 

昨日はボーカルで、今日はヨガの日。

ほんで、ふと思ったんです。

 

ボーカルの日も、ヨガの日も、
なんか胃の調子がいいぞ…!

 

そこで2つの共通点を考えてみました。

 

ボーカル と ヨガ
2つに共通してるのは… 呼吸!!

 

 

ボーカルレッスンでは、
“2文字 ”歌うだけで息が切れるぐらい
本格的な腹式呼吸を教わっているのですが、
歌ってるとね、お腹の中の何かが
パキッっていうんですよ(笑)

なんでかはわからないけど、感覚でいえば

凝り固まっていた筋肉が動いたり、
固まって骨にくっついてた内臓が剥がれる音

って感じ
(↑あくまでも感じなので、
  実際は何が起こってるのかわかりません 笑)

 

ヨガは言わずもがな
“呼吸を深める”ことが何よりも大事。

 

腹式呼吸・深い呼吸をするには、
どちらもインナーマッスルが必要ですよね。

インナーマッスル
内臓が正しい位置に戻るのを助けてくれます。
( 臓器って筋肉に支えられてるんだって!
  だから姿勢が悪いと胃下垂とかになる)

インナーマッスルを使うと内臓が動き、
さらに正しい位置に戻ることで、
内臓の活動力が高まります。

ふむふむ、だから調子がいいのかー!

 

ちなみに皆さん、
肋骨の下に手が入りますか?
↑この表現怖いな(笑)

これは、ヨガの初めに毎回やるんですが、
肋骨と肋骨の間にある筋肉や
みぞおち・肋骨の下の筋肉をほぐしてあげると
呼吸がしやすくなります。

内臓や筋肉が健康な(凝ってない)状態であれば
みぞおちから肋骨に沿って、
指が骨の下にグッと入るそうです。
(肩甲骨の下に手が入るのと同じような感覚)

ストレスや疲れ、姿勢の悪さで
臓器や筋肉が凝り固まってると、
手が入るどころか、触るだけで痛い^_^;

 

毎日、フル稼働で
頑張ってくれてる私達の内臓。

疲れてるかもと思ったら
深い呼吸を意識しながら
内臓をマッサージしてあげてくださいね^^

 

 f:id:okimei:20160911165941j:image

 前から欲しかったヨガブロック

 FLYING TIGER でゲット!(なんと500円!)

 

f:id:okimei:20160911170044j:image

カープ優勝でウキウキが止まらない旦那様は

全身カープでお出かけです♡笑

 

カープ優勝おめでとう*(^o^)/*!!

 

ありがとうございました!