クロロゲン酸の効能 と Q&A

【グリーンコーヒー】に含まれる

【クロロゲン酸】の効能をまとめてみました。

※グリーンコーヒーについては、前の記事をご覧ください!

 

f:id:okimei:20160915201004j:plain

 

◎糖尿病予防

     糖尿病の原因となる糖新生を抑える効果がある。

 

脂肪肝を予防する

      脂肪の蓄積を予防する働きあり。

      大腸癌、肝癌、肝硬変などの肝疾患の予防。

     ※脂肪肝とは、肝臓に中性脂肪が溜まった状態のことで、メタボや肝炎を引き起こす原因になる。

 

コレステロールを抑える

     善玉コレステロールを活性化させ、悪玉コレステロールを排出する。

 

◎抗酸化作用

     体の酸化(老化)を防ぐ。

 

◎ガン予防

     加齢による有害物質の排出の衰えを改善。

 

◎ダイエット効果

     血糖値の上昇を防ぐ。(血糖値の上がりやすい食事をしている人は太りやすいらしい)

     新陳代謝が活発になる。

     老廃物の排出。

     脂肪の燃焼・分解が活発になる。  

 

 

すごい…笑

これらの効能が本当に現れたら

健康増進間違いなしやね!

  

 

 

記事を読んでて気になったQ&Aのまとめ↓

 

クロロゲン酸は、コーヒー以外の食品には含まれないの?

コーヒー以外にも、なす、サツマイモ、人参、ジャガイモ(の皮)、ヤーコン、ごぼう、春菊、プルーンなどにも多く含まれるそうです!

 

 

クロロゲン酸には副作用はないの?

大量に摂取するとミネラルの吸収を妨げる可能性があるそうですが、毎日の数杯程度のコーヒーなら全く問題はないとのこと。

 

 

クロロゲン酸にアレルギーはある?

まだアレルギーがあるかどうかは解明されていないみたいです。

ただ、コーヒーを飲むとアレルギー反応が出るという方は、クロロゲン酸というよりもカフェインが原因かもしれません。

私の姉はコーヒーを飲むと動悸が激しくなってしまうと言っていました。気付かないところで、カフェインが体調不良の原因になっていることはあるかもしれません。

また、カフェインは、大量に摂取してしまうと、不眠や心拍数の上昇、胃の不調、吐き気、イライラや不安感などの精神不安定状態がでる傾向があります。精神疾患がある方はカフェインの取りすぎには注意です。

コーヒー飲めない方は野菜やサプリメントで摂ることもできます。

 

『WebMD』というサイトで見つけた<注意事項と警告>

www.webmd.com

 

その他、参考にさせていただいたサイト一覧です↓

 

gricofi.ne

 

suppleconcier.com

 

hontonano.jp

 

dietbi.com

 

 

コーヒー選びの参考になれば嬉しいです^^

 

制限ではなく、"選択"する食事 >で人生を楽しもう。

 

ありがとうございました。