読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自然な減量は、我慢ではなく自制から

胃腸に優しく 減量 美容

痩せたい!綺麗になりたい!

私たち女性につきまとう
永遠の課題…〈ダイエット〉。

よく“ダイエット”と“我慢”って
セットのように言われますが、
本当にそうでしょうか?

我慢ってただのストレスになって
逆効果なんじゃないかなぁ…

自分の中で納得してないから“我慢”になって
それがストレスになると思うんです。

f:id:okimei:20160918200841j:image


食事改善を始めてから、3ヶ月。
初めの2ヶ月で約1.5kg、
そして、次の1ヶ月で約1kg減量しました。

この3ヶ月間、食べることにおいて
“自制”と“選択”はありましたが、
“我慢”はしていません。

外食でお肉やデザートを食べることもあれば、
友達とお茶する時はパフェも食べたし、
お土産で貰ったお菓子も美味しく頂きました。


自制と我慢って一緒じゃね?
と思われる方もいると思いますが、
私は別モノだと思っています。

“我慢”は、無理やり抑え込むこと。
“自制”は、自分を納得させること。
そんな違いがあると思っています。


自分の行動を
自分の中で納得させてあげると、
我慢は途端に“自制”に変わる。

  今、感じてる「食べたい」は脳から体から?
  どういう食べ方が一番この場を楽しめる?
  これを食べたら、明日はどうしようか?
  明日、外食するなら今日はどうしようか?

 

体が本当に欲している時は、
甘いものもお肉も果物も食べてます。

でも、ストレスや疲れ・睡眠不足、または、食品添加物からくる「脳の食欲」かもしれないと感じた時は、一呼吸おいて、体に相談。

  本当に食べたい?
  それは食べれば解決すること?

体と相談して、食べた方がよいと思えば食べる。でも、相談の結果、「違うなこの食欲は、身体が求めてる食欲じゃないな」と思えば、食べない。

自分の中で納得(選択)した“食べない”って、
我慢にもストレスにも感じないんです。

 

また、食事は【場】も大切ですよね。

例えば、久しぶりに友人と会うとする。

「いや、私、甘いの控えてるんで。」
それも1つの選択肢だとは思います。

でも、(私の場合は)
  今日は美味しいもん食べるぞー*(^o^)/*
って気持ちで会って、
  わー!美味しいー*(^o^)/*
って一緒に盛り上がれる方が、
美味しい食べ方になるならそちらを選びます。

 

そして、もう一つ、“我慢”はネガティヴな感情と結びつきますが、“自制”はポジティブな感情と結びつくように感じています。

例えば、上記に挙げたパフェの例。

もし、我慢して食べなかったら、
あぁー、やっぱり食べればよかった…

我慢せずに(勢いだけで)食べたら、
あぁー、なんで食べてしまったんやろ…

って感情が湧きませんか?笑 (私なら湧く 笑)


でも、自分で納得して決めたことなら…

身体のこと考えたら食べなくて正解!

胃もたれしたけど、楽しかったからOK!

どっちにしろポジティブに捉えられる気がするんです。

※結局、パフェを食べた日は胃もたれを起こし、
  その後、二食連続お粥になりました(笑)
  でも、後悔はありません(笑)


今回の自然な減量は、
「体の調子・お腹の具合」
「その場や体にとって本当に必要なものは何なのか?」
を自分の体と相談し、
納得できる選択を続けた結果だと思います。

また、自分の体と相談し、
自分で食べ方を決めていくことは、
身体だけでなく、精神面も整えてくれます^^

 

 結局のところ、気の持ちようやん!
って声が聞こえてきそう(笑)
でも、そうなんです。
気の持ちよう1つで
日々の生活は全然違う表情を見せてくれます。

 

我慢はダイエットの敵!

「あれダメ、これダメ」ではなく、
自分の身体と相談していきましょう!

 

ありがとうございました!